引越しの時は想定よりも余裕をもったプランで

PAGETITLE
三月から四月にかけては、卒業から入学、または入社。あるいは転勤、転職など、とてもあわただしい季節です。住み慣れた土地や実家をはなれて遠くへ引越し、という人も多い時期でもあります。単身での引越しなら荷物の量も限られているでしょうが、家族で転居となると家の中のものまるまる全て運び出さなければならないために本当に大変です。特に引越し経験のほとんどない人などは、荷物の梱包といっても、どこから手をつけていいのかなかなか見当がつかず頭を抱えてしまう、と言う人も多いと思います。意を決して作業を始めると今度は、いる物といらない物の仕分けを同時にしなければならず、また悩んでしまうものです。割り切りのいい人でしたらその場でパッパと決められるのですが、ほとんど使う事もなくしまいこんでいたような物でも、捨てるとなると急にもったいなく思えたりするものです。

または着なくなった服、小さくなった子供服なんかも、いらない物のはずなのに住み慣れた場所を離れる寂しさも手伝ってか、思い出がよみがえってきて捨てられないなどと迷っているあいだに時間が経ってしまいます。荷物をまとめるだけでも結構頭を悩ませるものです。また引越しは荷造りだけではありません。当初予想していたよりも、ずいぶんと多くのゴミが出るものですし、出て行く家と新しく入居する家の掃除もまっています。このように引越しとはなかなか予定通りにいかないものです。プランを立てる時には、予想していたよりも時間がかかる事、想定していたよりも多くの荷物とゴミが出る事などを念頭において計画をたてた方がいいと思います。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017知らないと損!引越しのシニアプラン.All rights reserved.